かまどぶろぐ

ゆきそのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年1月17日

17年前の自分は7歳。

その頃私は大阪の枚方に住んでたけど、大きな被害もなく…
というか起きませんでした。

朝いつものように起きたら、枕元に掛け時計が落ちていました。

でも、日常は日常のまま。
むしろあの日起きなかったことを笑い話にされ続けたくらい、平和な日々を送っていました。

阪神淡路大震災の事実はテレビなどで見てはいたけど、実際に自分の身に降りかかったら…なんて想像したこともなかった。

3.11
東日本大震災が起きたときも、病院実習中、忙しく動き回っていた時。
めまいかな?疲れてるのかなぁ…
くらいにしか思わず、そのまま実習を続けていました。

その日、帰りのバスの中でことの重大さを知り、にわかには信じられませんでした。

私には東北に特に知り合いも居なかったので、東京にいる友達や先輩に連絡をして無事を確かめた程度でした。

6月
岡本商店街は気仙沼を支援することになり、復興支援バスで気仙沼へ。

ただの学生でなんの特技もない、こんな自分が被災地に行ってなんか役に立てるんだろうか。

不安でした。

でも、心から行ってよかった、と思います。

気仙沼の方とお話をして、帰ってきてから手紙のやり取りをするようになりました。
ツタエテガミプロジェクトをはじめました。
TwitterやFacebookなどで交流もできています。


あれ以来、自分の中での3.11や1.17までもがとてつもなく大きな出来事になりました。

他人事なんかじゃない。

気付くのが遅かったかもしれませんが、気付けて本当によかった。

今もまだ辛い思いを抱え続けてるひとがたくさんいる。

今年は1人でも多くのひとが一秒でも長く、笑顔に、元気になりますように。

そんなに簡単なものではないですが、思い続け、行動し続けます。

そんな思いをあらたにする日です。

あの時間には手を合わせます。

私の大好きなこの土地で17年前に被害に遭われた方を想って。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/17(火) 00:03:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。